隣の芝生は青く見える

隣の芝生は青く見える

SNSなどでどんな生活を送っているのかが気になるの理由のひとつには「隣の芝生は青く見える」ということもあるかもしれません。どんな生活をしているのか、人は知らず知らずのうちに自分の中で比較してそして他人が自分よりもハッピーで幸せな生活をしているのをみると、羨ましく思います。そしてこの人は自分の生活よりもイマイチかもしれない。と思うと優越感を抱きます。ついついSNSを観ると、どうしても他人の生活と自分の生活を比較してしまいます。

やっぱり気になる

人は人で自分は自分だと分かってはいても、どうしても他人がどんな生活をしているのか気になります。中にはそんなつもりではなく、何気なく子供とどこどこに行った~みたいな内容を書いたとしましょう。そうすると、自分が行きたかった場所に知人が行ってるのを見て、いいわよね。あそこは優雅な生活ぶりで、子供の服にしてもいかにも高そうな洋服着ちゃってるし。と見なければ気にならないことでも、見てしまうと視覚化されるので、どうしても気になってしまいます。

そして悪口発生

ちょっとした知り合いのfacebookなどを見て、近況を知って自分の生活と比べると羨ましい気持になってしまいます。これが女性の場合がどのように発展するかというと、自分と同じような境遇の仲間と悪口をいうことで、ウサ晴らしをしようとします。

これこそはバディの妻ベスのバンド仲間のママ友人が、メイビスのことを「いかれたビッチ」と言うことと共通することです。ベスの友人たちは、ブロンドで学校内でも際立って美しいメイビスのことを「イカレタビッチ」と呼ぶことでウサ晴らしをしていました。メイビスと美貌で勝負しても、間違いなく負けていることが「イカレタビッチ」と呼ぶことでストレス発散をしているのです。

見た目の勝負では、メイビスには負ける。だったらメイビスの悪いところ部分ばかりを見つけるようにして、メイビスは美人だけどでもイカレテルよね~~ということで、マイナス面を大きくクローズアップします。

他にはたとえばそこそこ美人で、裕福な暮らしぶりをしている知人のことをどんな風に悪口をいうのでしょうか?!そのような時には「あの人綺麗だけど、センス悪いよね」と趣味の部分をやりこめます。そして裕福な暮らしぶりが羨ましいことの裏返しとして「私だったら、あんな家にしない。あの家の趣味はいかにも成金よ。成金だからあんなセンスの家になっちゃうのかも」と、同じようなお金があったら私ならばもっと良い家にすることができるということを暗に主張しています。そして家だけではなく、他にあらさがしをするようになり「あそこは旦那さんが、どーしようもない。」といったように、さらにどんどんあら探しをしていきます。

よくもココまで探せるな~というつっこみが入りそうになってしますので、やはり慎みそして謙虚な姿でないと徹底的にやられてしまう。ということの証明ではないでしょうか。たとえば急な休みができたので、○△レストランでエイジングステーキを食べてすっごい美味しかった!というのを投稿するよりも、時間がなかったので○△うどんでササッと食べたけど、やっぱり○△うどんはめちゃくちゃ美味しい。という投稿のほうが、人の嫉みを買うことが少ないということです。

誰もが検索してみることができるSNSだからこそ、突っ込みどころ満載にあるので無防備にいろいろ投稿すると、どこからかのやっかみを買うこともあるかもしれません。自慢することが決して悪いことではないけれど、人は他人の芝生が青く見えるもので、そして人の不幸が大好きだということです。不幸自慢が続くと、ウザイとなり不幸自慢かよになるのでこのあたりのバランスが難しいところではありますが・・・。いつまでたってもワイドショーネタがあるように、人のプライバシーが気になるというところがあるようです。

シャーリーズ・セロン主演の映画『ヤング≒アダルト』
ネタバレと37歳負け犬の深層心理
14キロの体重増して臨んだ演技でオスカーを手にしたシャーリーズ・セロンが、今回は37歳バツイチ子なしの独身女性を演じた作品が『ヤング≒アダルト』です。キティちゃんのTシャツを着て、高校時代は女王として君臨していた彼女が、ふとしたときに元彼と赤ちゃんの写真をメールで見てこんなはずじゃない!と元彼を奪うために奮闘する「イタイ女子」を熱演しています。スッピン姿からゴージャスに変わるメイクも楽しみな作品!